特殊大会開催 最終章・・・報告

  • 2011.01.24 Monday
  • 23:29

特殊大会開催について、最終章・・・
「報告」
くれぐれも忘れないように・・・
あと、大会事務局に残った景品を返しましょうね〜
記載ないけど・・・

公認大会やブードラなどの参加賞や、一緒に来る上位賞とかは、数もたかが知れているし、ジャッジの責任にて処分することと明記があるので、それぞれなりの方法で処理しているとは思いますが・・・

特殊大会の景品は余ったら返却しましょう・・・
あれだけの物を処分の名目で、ジャッジが個人で持ってちゃいけない!

特に店舗開催のところなんてすっげぇ不安、翌日には店頭に高額プロモがず〜らり・・・
実際、1月からのプロモパックの中身が12月にシングル売りされていた、秋葉原の某カードショップの話もありますし・・・
店舗名義や店舗スタッフが主催ジャッジで開くデュエルスペースでの特殊大会って、どうしても不正の温床になりそうで不安・・・
アメドリ横浜店のときみたいにブロッコリー管理なら安心だけど・・・
どうもカードショップ主催大会はねぇ・・・

公認大会やブードラですら、
ドロップ者には参加賞渡さない。
参加者一人の場合に参加賞しか渡さず、上位賞は翌日店頭に高額で並んでる。
東京&神奈川では当たり前になってるけれど、地方ではどうなんだろう・・・

やっぱり店舗主催、店舗会場は不安にしかならないなぁ・・・
そもそも、ゲームのルールさえ知らないし・・・


ほとんど、愚痴になってしまった・・・
特殊大会開催についてはこれで終了となります。

ジャッジの方で興味のある方、独自に相談したい方などいらっしゃいましたら、コメントにてメールアドレスなどお教え頂ければ、個別対応致します〜
ただし、公認大会を個人で3回以上主催した方に限らせて頂きますので御了承下さい。


結局、毒吐いたなぁ・・・

特殊大会開催 第三章・・・申請と景品

  • 2011.01.23 Sunday
  • 20:58

特殊大会開催 第三章「告知」・・・
いってみましょう!


さて、前回の「打診」⇒「相談」⇒「交渉」が終わり、会場を確保した後、「申請」を行うことで、特殊大会の開催は可能になります。
「交渉」まで無事に進めていれば、「申請」が通らないことはないでしょう。

そして「申請」が通れば、日程・場所・連絡先などが公式サイトに掲載されます。












あくまで、公式サイトに掲載されるのは、日程・場所・連絡先程度です。
他にもプレイヤーの皆様がどうしても知りたい情報が掲載されていないですよね。
何勝(何戦参加)で何が貰えるのか?
です。

公式サイトに載らないからといって、景品が分からなくては、大会としての魅力が大きく低下しませんか?

仲間内で告知する?
身内大会ですか?
旧モンコレ時代末期、プロモンコレと揶揄された時代に、サークルで申請し、サークル外の人間の立ち入りや予約をシャットアウトしたことがあったという噂を聞いたことが多々あります。

mixiなどで告知する?
ブログやホームページは持っていないのでしょうか?
今の御時勢、無料で作成出来るところなんていくらでもあります。
そもそも、大会申請にはメールが必須、インターネットが使用できないなんて言い訳はジャッジに出来る筈がないんです。
mixiなどの限定された媒体しか使わないのでは、結局は身内大会の域を出ません。

開催店舗の店頭で貼りだす?
常連だけへのサービスとして利用されていませんか?
主催者は基本的にジャッジですが、ジャッジの管理責任のもと、公正・公平な運営は出来ますか?
店舗に丸投げになっていませんか?
ジャッジ名義でデュエルスペースを利用した大会を見かけますが、ジャッジは最低限会場にいて、各種ルールの遵守に努めていますか?
店舗との綿密な打ち合わせは出来ていますか?
開催時間の削減や、参加人数や会場スペースの不当な圧縮を受けることはありませんか?

かなりきついことを書きましたが、情報提供は常に平等であるべきです。
大会申請の際に、ブログやホームページのアドレスの添付依頼を必ず行い、自身の管理できる媒体で、細かな通知事項は必ず通知しましょう。

大会事務局から支給を受けた分の景品は勿論のことながら、
_饐貽發琉食について
会場施設における特別なルールがあればその記載
N繕發鯆Ъする場合の金額
などです。

ただし、上位賞やお楽しみ賞などを出す場合、そちらは告知するかどうかは当日発表であっても問題は無いと思います。
なぜなら、大会事務局から支給を受けた景品が、大部分のプレイヤーの来場目的の大きなウェイトとなるからです。


さて、毎度のことながら、だーーーっと書いていますが、次回はどうしようかな、公式イベントと違って、個人主催の場合って、当日が一番適当になるんですよね・・・
いい加減な意味ではなく、当日が一番何事も無く進むんです・・・

ん〜
当日のことはあえて書きません。
参加費などの現金管理だけは気を付けましょう。


では次回が最終回。
「報告」
だんだん短くなるこのシリーズ。
流石に、毒は・・・
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
吐かないと思います。

特殊大会開催 第二章・・・申請と景品

  • 2011.01.21 Friday
  • 22:03

さぁ、特殊大会開催 第二章「申請と景品」・・・
いってみましょう!

まず「何勝まで行うのか」「何勝にどのPRカードを景品として充てるのか」を自分なりに(若しくはジャッジ仲間と相談し)、数パターン考えます。
「何故、数パターン?」と感じると思います。
これは、私が昨年11月に主催するランブルを打診したのが9月頃だったでしょうか?
その時点で、以下のカードの大会事務局における在庫は少なくとも100枚をきっているようでした。
「嵐の魔神パズス」(MA1-SP2)
「ナーガ」(MA1−SP7)
「ドライアド」(MA2−SP9)
「ティアマト」(MC5−SP5)
他にも3種類くらいあったかな・・・?

他にも、書籍特典のカード
「鋼のクレイモア」(MC1−DM1)
「ルビカンテ」(MC5−SP11)
「朧月夜」(MC7-DM1)
「ペルソナ」(MC7-SP1)
などは、製本時の直接封入のため、在庫なし。

また、上記に近い理由で在庫のないものとして、
「地平線」(MC5-SP8)
「魔神掌」(MC8-SPB)
などのスペシャルボックス特典やプレミアムボックス特典が挙げられます。
多分ボックス予約特典も同様の理由で在庫は無いんじゃないかな?

まぁ、こんなかんじで在庫がないカードがあるようです。
大会事務局への大会開催の計画相談&交渉時に予め、景品にパターンを組むことで、事務局でも可能なもの、不可能なもので調整してくれます。
きっぱり言えば、交渉にかかる時間とメールのやりとりの手間の省略です。

ぼちぼち「マーガレット」「リトルアリス」もやばいんじゃないかな〜
相当配布イベント多いですよね〜


さて、ここまででは「申請」という言葉は使っていないんですね。
「打診」、「相談」、「交渉」という言葉をあえて使いました。
そう、ここまでは申請ではないんです・・・
まずは、「交渉」まで進み、出してもらえるカードが確定してからじゃないと、場合によっては会場の規模が決められなかったりもします。
ランブルは景品が命です。
景品に恵まれなかったら、折角の大きな会場も、景品の無駄になりますし・・・
景品の良し悪しで来場者数にはっきりと出てしまいますからね・・・

とか言いつつ・・・
実は、私は先に会場を抑えてから「打診」しました・・・
かなり危険ですので、あまりお勧めしません・・・


はい、今日はこんなかんじです(短っ)。
次回は、第三章「告知」です。
多分、今回より短いです(笑)。


お・ま・け
まぁ、今回は短くなってしまったので、番外編で1/30(日)のクロスランブルの1戦あたりの時間を計算しましょう。
クロスランブルの受付開始が11:30で、新規試合受付終了が15:10になっています。
15:10にギリギリで12戦目の組み合わせが間に合えばいいわけです。
11:30〜15:10で3時間40分
3時間40分=220分ですから、それを11戦で割ると20分。多少並ぶ時間を考慮に入れて頂きますと、やはり15分〜18分くらいで1戦になりますね〜

皆様、デックとデッキの調整は如何でしょうか?
一応、ジャッジ依頼来なかったときのためにデック組んどくかな・・・
依頼来てもデック持ってきて下さいってあったけど・・・

特殊大会開催 第一章・・・会場と収容人員

  • 2011.01.20 Thursday
  • 21:52

さて、昨日から始めた特殊大会開催についてですが・・・
今回は、会場と収容人員についてです。

「そんなもん、どこでもい〜じゃん」とか、お考えですか?
もしもお考えでしたら、

会場:どこぞのカードショップのデュエルスペース(定員20人くらい)
開始時間:       10:00
最終対戦受付終了: 12:00
3戦参加賞:花園の歌姫(MB2−SP1) 
 3勝景品:魔眼将アルール(MC8−SP6)
 5勝景品:現在を紡ぐ女神ベルダンディVF(MC107−SP5)
 7勝景品:未来を紡ぐ女神スクルドVF(MC10−SP6) 
10勝景品:過去を紡ぐ女神ウルドVF(MC10−SP4)

(申請が通るかは別として)
これで、やってみてください。責任は負わないよ?)
どこが問題だか、わかりますか?


景品に対し、会場の収容人員が少なすぎませんか?
これで首都圏内でやったら参加者どのくらいになるのかな?
内容的にも予約制なんてとったら、それこそ身内大会とも言われかねないでしょうね。

また、カードショップの中には寂れた雑居ビルに入っているところもあります。
床がベコベコなる店でなんてやろうものなら、床が抜けるかも知れませんよ?
主催者として、参加者に怪我を負わせて責任負えますか?
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
まぁ、大袈裟ですけどね・・・

かといって、カードショップはデュエルスペースも含めてお店(若しくはビルのオーナー)の持ち物です。
他のお客の迷惑になるようでしたら、参加者の削減や大会の中止、下手をするとオーナーからお店に対して店舗そのものの退去要請などにも繋がりかねません。
主催ジャッジの管理を超える領域にまで発展しかねないことを覚悟しましょう。
そうなれば、当然のことながら店舗とジャッジの信頼関係も破綻するでしょう。

景品に関する内容は次回、第二章で行うとして、会場に関しては・・・
〆粘鵑涼楼茲任痢
直近の公式イベントにおける
ランブルファイトorゼロカード戦
の参加者の20〜30%は収容できる会場を用意した方が安全だと思います。
ただし、これは首都圏におけるパーセンテージです。
公式イベントが少ない地域ほど、このパーセンテージは上昇すると思ってもいいでしょう。
公式イベントが少ない地域であれば、特殊大会主催に関する要望はその分、大きくなるはずですからね。

また、パーセンテージは景品の内容によっても大きく左右されます。
これに関しては、やはり次回、第二章で説明します。


もう一つ問題点がありますが・・・
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
わかりますよね?
開始時間から最終戦受付終了までが2時間しかありません。

ランブルやゼロカード戦はプレイヤーの皆さんも対戦回数を増やすために、回転率が高く、速攻型のデックの使用頻度が高いとはいえ、やはり1戦あたり15〜20分はかかると考えていいでしょう。
また、これは人それぞれで意見が分かれると思いますが、私はランブル大会の魅力はスイスドローやシングルエリミネーションでは勝てない人でも、様々なPRカードを持ち帰れる可能性が高いところにあると思っています。

私が主催した際は、勝率50%で計算し、20勝景品まで40戦、1戦あたり15分で計算し、
15分×40戦=600分=10時間
としました。
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
休憩時間はブロッコリールールと同じく、参加者には存在しませんw

では、例に挙げた大会はどうでしょう?
15分×20戦=300分=5時間
ですよね?
時間が短すぎます。
カードショップとしてもデュエルスペースの貸し切りは、それ程長くは取れないでしょうが、こういった事情も綿密に相談したうえで、協力を要請して下さい。

少なくとも、ただでさえ狭いデュエルスペース・・・
同日同時間帯に「別の大会を開くから詰めてくれ」などということが、対戦中のプレイヤーに強要されないように、店舗との打ち合わせは、繰り返しますが、綿密に行って下さい。

同様に、店舗のデュエルスペースを借りている以上、店舗都合により、会場の圧縮、開催時間の短縮、他ゲーム大会とのブッキング、そして、最悪の大会中止などがあったとしても、それは主催者であるジャッジが店舗との打ち合わせを怠っと言っても、決して過言ではないと考えております。
主催者は会場である店舗ではなく、ジャッジです。
そこまでの責任を負うのが主催者であると考えて下さい。


ランブル戦は地域におけるトッププレイヤーだけが全ての景品を持ち帰られる大会にしてしまっては、他の参加者ははっきり言って、次は来ないでしょう。
特殊大会はあくまでNo.1を決める大会ではなく、地域におけるモンコレの振興と、プレイヤー間の出会いといった交流の場と考えて頂ければと思います。

折角、大きな会場を用意するのだから、初心者講習会を併設するのもいいですよね。
公認大会を併設するのもいいでしょう。
ただし、イベントを併設するのであれば、知己のジャッジに強力を要請することをお忘れなく・・・


それでは、長々と書き過ぎて、自分でも何書いているのか分からなくなったところで(ヲイ)今日はここまで〜

次回は第二章「申請と景品」を・・・
興味があったら御覧下さい・・・

特殊大会開催 第零章・・・すべての基本は公認主催にあり

  • 2011.01.20 Thursday
  • 00:01

モンコレジャッジの皆様へ

いつもお疲れ様です!
「暗黒卿の秘儀」発売まであと1ヶ月となりました!
「暗黒卿の秘儀」が発売され暫く経ちますと、昨年同様「モンコレグランプリ〜stage2」の店舗&Bクラスジャッジによる予選大会が始まるでしょうね。

さて、先週書きました通り、今週から特殊大会の開催について、助言・・・って言ったら偉そうなんですが・・・
まぁ、手順の確認と参考程度に御覧下されば幸いです。

そもそも、この文章を書こうと思いましたのは・・・
昨年の春頃でしたでしょうか?・・・ブロッコリー様より、特殊大会開催がCクラスジャッジに至るまで解禁されましたよね?

特に公式イベントが少ない地方のモンコレファイターにとっては、この解禁が非常に歓迎されているのではないでしょうか?
北海道、東北、関東、中部、近畿、九州と昨年より各地でジャッジ様主催のランブル&ゼロカード戦が行われてきました。
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
中国、四国、沖縄のジャッジ頑張れ!
逆に関東(特に東京)では、特殊大会安売し過ぎ・・・

個人的には、ただでさえ地方での公式イベントが少なく、PRカードの配布量に格差が生じているのだから、関東はいいんじゃない?って思っているのも事実・・・
そんなことを言いつつ、昨年11月に

3戦参加賞:妖精の輪VF(MC1−SP1) 
 3勝景品:採魂の女神フレイア(MA1−SP3)
 5勝景品:雲ひとつない空VF(MC7−SP3)
 7勝景品:グレーター・デーモンVF(MC8−SP8) 
10勝景品:花園の歌姫(MB2−SP1)
13勝景品:豊穣姫グリングルVF(MA1−SP17)
15勝景品:紅帝竜バルバロッサVF(MC4−SP4) 
17勝景品:シルヴィアの竜太子VF(MC5−SP7)
20勝景品:金冠の悪魔ゴモリー(MA1−SP5)

↑こんなのをやっちゃったんですが・・・
年1回にするから許して・・・Σ(×_×;)

あえて上記の景品一覧を上げたのは参考にして頂くため・・・
会場は横浜駅より徒歩15分かからない程度、これで参加者が48人でした。
しかしながら、関東圏で言うならば、すでに大体の人が所有しているカードが多いんですよ・・・
それまでのランブルやゼロカード戦で、大体のものは入手しちゃってる・・・
それどころか3枚すでに持ってる・・・
って人がかなりいるんです。
その条件で参加者48人・・・

これを自分の地域に当てはめてみて下さい。
どのくらいの参加者が見込めますか?
多分、私の大会より多いんじゃないかな?

また、明日以降、特殊大会開催に関わる手順を書いていきたいと思いますので、今後に特殊大会を開催希望のジャッジさんは御覧頂き、御参考になれれば幸いです。

尚、
特殊大会はジャッジ資格更新のための条件ではないので注意!
日頃のお勤め(↓)は忘れないように!
’1回以上、公式大会へのジャッジ参加
年1回以上、公認大会の主催開催
or△匹辰舛
※特殊大会や全国予選の開催は更新条件じゃないからね!Σ( ̄□ ̄;)ナンダッテー

また、会場手配&準備、基本的な会場でのルール案内など、すべての基本は公認大会の主催にあると思って下さい。
公認大会も主催できないジャッジが特殊大会なんて、とてもじゃないけど無理があると思うよ?

では次回より本編、第一章「会場と収容人員」を・・・
興味があったら見て下さい。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

カウンター

ブログパーツUL5

Myオークション

マイ・オークションをごらんください

selected entries

categories

archives

recent comment

  • モンコレ回顧録35〜「種族:デーモン」〜
    YAPUL (11/29)
  • モンコレ回顧録35〜「種族:デーモン」〜
    Q (11/24)
  • モンコレ回顧録32〜「種族:ダイアソア」〜
    Q (09/15)
  • モンコレ回顧録27〜「種族:スコーピオン」〜
    YAPUL (07/13)
  • モンコレ回顧録27〜「種族:スコーピオン」〜
    Q (07/12)
  • アポカリプスの魔剣とPRパック8のVFを予想してみた
    YAPUL (04/30)
  • 英雄クエスト講座その一 「戦争モード」本拠地施設
    YAPUL (05/31)
  • 英雄クエスト講座その一 「戦争モード」本拠地施設
    Koumei (05/01)
  • ただいま〜
    せりあど (10/30)
  • ただいま〜
    はやかわ (10/30)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM