モンコレ回顧録30〜「種族:スポーン」〜

  • 2016.08.17 Wednesday
  • 16:02

モンコレ回顧録30
「種族:スポーン」
主な属性・・・「属性:魔」
主な勢力・・・なし

 

アメリカのヒーローではない。

 

Sレギュレーションにのみ登場した種族

スペル:*かアイテム:■のどちらかを1枠持つ。

「テラー・スポーン」の特殊能力を頼りにするため、

基礎体力に欠けるものが多いが、

戦闘常動型(今の宣言型)特殊能力を駆使して戦うため、

その面でも調整がされていたのだろう。

 

レベル帯は
Aレギュ、登場せず

Sレギュ、2or3
Gレギュ、登場せず

ブシロード、登場せず    

次にモンコレが復活するならば・・・

復活させるなら、

Sレギュ同様に魔バランス&宣言型特殊能力の種族となるだろうが・・・

そうならなかったら、

他に魔バランスの種族なんて、他にもいるんだからね?

 

 

モンコレにおけるすご〜〜〜く大雑把な歴史

Aレギュレーション時代・・・
登場せず、

だけど「無垢なる混沌」は「スポーン・マザー」で即時召喚可能


Sレギュレーション時代・・・
6種類&「無垢なる混沌」


Gレギュレーション時代・・・
復活せず


ブシロード時代・・・
復活せず


最後に

出すなら、宣言型の能力だってバリエーション増やして・・・

 

任意の手札2枚破棄で、

戦闘スペルキャンセル、消耗品キャンセル、特殊能力キャンセル、攻撃キャンセル

特定の手札1枚破棄で、

即時召喚可能ユニット行動完了、即時召喚可能ユニットにダメージ、装備品破棄、

任意の手札1枚破棄で、

自軍パーティの同族「攻撃力:+1or防御力:+1」

以上8種類、

あとは召喚役がいれば、随分と面白い種族にはなるだろうが・・・

3回戦闘したら、山札無くなりそうだねぇ・・・

モンコレ回顧録29〜「種族:スピリット」〜

  • 2016.07.27 Wednesday
  • 12:01

モンコレ回顧録29
「種族:スピリット」
主な属性・・・「属性://///魔」
主な勢力・・・「精霊たちの狂宴」

       「氷結晶の塔」

 

問答無用の皆勤種族・・・

属性は全てに分布、レベル帯も多岐に渡り、

スペル枠か特殊能力、その両方を持つものが多いが、

ブシロードのブロック気泙任蓮

基礎体力に欠けるものが多いのも特徴の一つ。
 

伝承やファンタジー作品で妖精と記されていれば、

当然「スピリット」

 

神が種族として存在しないため、

ほとんど「ジャイアント」か「スピリット」に分類されるのもモンコレの特徴。

 

また、ファンタジー系の亜人種に細分類できず、

「魔法生物」&「モンスター」でなければ、

とりあえず「スピリット」

 

「魔法生物」&「モンスター」とあわせ、

種族分類上迷ったときに、無いとSNEが困る種族。


レベル帯は
Aレギュ、1〜6

Sレギュ、1〜8
Gレギュ、1〜8
ブシロード、2〜8
    


次にモンコレが復活するならば・・・

やはり、スペル&特殊能力の種族となるだろう。

ただ、メインを張る勢力は少ないと思われるし、

役割の担い方も多岐に渡るため、

メンドイから省略・・・

 

サポートに関しては、その多彩性が問題となり、

恵まれることはなかった。

 

 

モンコレにおけるすご〜〜〜く大雑把な歴史

Aレギュレーション時代・・・
いっぱいいた

サポートは儀式スペル「エレメンタル・エンブレム」のみ

戦闘スペルにカード配分を取られるため、

「ストーン・サークル」に割く余裕が無かったのが、実情だろう。
 


Sレギュレーション時代・・・
いっぱいいた

サポートは装備品「妖精のハイヒール」のみ

アイテムユーザーを行動完了にしてまで、

未行動にしたい「スピリット」がいたのか・・・?
 


Gレギュレーション時代・・・
いっぱいいた

サポート・・・されるどころか、

コストとして投げられ、

魔剣で殺され、

纏めてアンコウに喰われる・・・

ついに迫害される時代到来



ブシロード時代・・・
「ビースト」や「プラント」との併記もあわせて、

いっぱいいた

Gレギュレーションで突発した迫害はなんだったのか?

「魔女」(女神だけど・・・)も新たに「スピリット」として算入した。


最後に・・・

適当でスマソ

モンコレ回顧録28〜「種族:スノーマン」〜

  • 2016.07.13 Wednesday
  • 11:46

モンコレ回顧録28
「種族:スノーマン」
主な属性・・・「属性:風」
主な勢力・・・「凍土のバイキング」

 

またまた、皆勤賞に見せかけて、
実はAレギュでは「イエティ」「ビッグフット」、「種族:ジャイアント」
皆勤賞じゃないです・・・

尚、「イエティ」はSレギュレーションでも「種族:ジャイアント」として登場し、

「種族:スノーマン」となったのはGレギュレーションから。

「サスカッチ」等の他の「種族:スノーマン」がSレギュレーションから登場したが、

AレギュレーションからのSレギュレーションへの再録カードは、

イラスト以外は、基本そのまま再録されたため、種族の変更がなされなかった。



やはり特殊能力を持つものが多いが、

何故か、いまいちなのが多い気がするのは気のせいか?
Gレギュレーション以降は、「アイテム:X」&「スペル:X」を多く持つため、
対抗合戦でそこそこ頑張れる。

吹雪のバラ撒きダメージほしいです。

レベル帯は
Aレギュ、4

Sレギュ、4
Gレギュ、2or4
ブシロード、2or4
    


次にモンコレが復活するならば・・・

やはり、アイテム&スペルの偶数種族となるだろうと思われる。

思い切って、

「凍土のバイキング」「雪山のバンディッド」に分けるのもいいか?

「チュチュナー」等の即時召喚要員には、当ブログで以前書いた、

2勢力表記をすれば戦力を転用できるし・・・

 

 

モンコレにおけるすご〜〜〜く大雑把な歴史

Aレギュレーション時代・・・
前述の通り、種族としては存在しない。


Sレギュレーション時代・・・
多くがアイテム枠をもつが、「イニシアチブ:+X」も無く、

防御力も基礎値(割れているものも少なくなく)、

攻撃力が突出しているわけでもない。

そんな連中がアイテム枠だけ持ってどうする・・・

といった感じだった・・・


Gレギュレーション時代・・・
「種族:スノーマン」というより、

「耐性:吹雪」を持つユニットのシナジーデックとなる。



ブシロード時代・・・
ブロック靴播仂譟
「氷雪のスノーボード」「バイキングの鍛冶師」の特殊能力使用以外で戦闘スペル枠を使用する際は、

思い切って「ポイズン・スプラッシュ」など「消耗品」で代替できない効果を持つものに絞るべき。

あとは「消耗品」に割いた方がいい。


最後に・・・

「サスカッチ」はGレギュレーションの方が良かったなぁ・・・

「バーバリアン・ブラッド」に相当する「戦闘スペル」があっても良かった。

モンコレ回顧録27〜「種族:スコーピオン」〜

  • 2016.07.09 Saturday
  • 15:32

モンコレ回顧録27
「種族:スコーピオン」
主な属性・・・「属性:火」
主な勢力・・・なし

 

モンコレにおける「種族:スコーピオン」とは、

蠍形の生物全般ではなく、下半身が蠍形の亜人種族を指す。

 

だから、「シー・スコーピオン」「大蠍ギルタブリル」も「種族:スコーピオン」じゃない。

「種族:スキュラ」に同じく、皆勤賞に見せかけて、
実はAレギュでは「ユニット名:アンドロスコーピオン」、「種族:インセクト」
皆勤賞じゃないです・・・

特殊能力を多く所有しつつ、
「アイテム:X」&「スペル:X」を多く持つため、
意外に対抗合戦で頑張れる。

問題点は、「消耗品」に頼りがちになるところか。


レベル帯は
Aレギュ、2

Sレギュ、2or4
Gレギュ、4
ブシロード、2or4
    


次にモンコレが復活するならば・・・

やはり、特殊能力を豊富に持った、
アイテム&スペルの偶数種族となるだろうと思われる。

ブシロードのタイプを踏襲してほしいが、

Sレギュレーションのようになるなら、復活しなくていい気がする・・・

 

ブシロード版の特殊能力を持たない2レベルの連中に

「☑毒を塗る」を付ければ、相手としては相当面倒くさくなる。

ただし、あくまで、ブシロードのカードのスペックに

Sレギュレーション時の特殊能力を追加するのが前提。

 

モンコレにおけるすご〜〜〜く大雑把な歴史

Aレギュレーション時代・・・
前述の通り、種族としては存在しない。


Sレギュレーション時代・・・
多くが味方の「攻撃力」を挙げる☑特殊能力を持ち、
「スペル:」か「アイテム:■」を持つ。

ただし、基本スペックが数値われしているものが多く、いまいちだった。


Gレギュレーション時代・・・
「赤蠍のウォームライダー」しか・・・



ブシロード時代・・・
ブロック兇播仂譟
「バーバリアン・ブラッド」「ブレイズ烈火弾」以外に戦闘スペル枠を使用する際は、

思い切って2枠使用を前提にデックを組む方が、うまくいくと思ってる。

「バックドラフト」「ホーリー・ブレイズ」「ファイア・ウォール」で充分。

「フィジカル・ブースト」もかなりいける。

あとは「消耗品」に割かないと、対抗頑張れない。


最後に・・・

「蛇蝎王パピルサグ」に「●烈火の暴君」つければ、2点英雄として立派になると思う。

自身が「種族:スコーピオン」になってくれればいいが、それが無理なのは分かってる・・・

モンコレ回顧録26〜「種族:スキュラ」〜

  • 2016.05.18 Wednesday
  • 17:20
さて、今回の種族はどうしようと考えていたところ、
50音順でやるはずだったのに、
種族名が漢字の種族をかなり吹っ飛ばしていた。
「種族:時間獣」以外・・・
てなわけで、「種族:時間獣」以外の漢字の種族は後にして・・・

モンコレ回顧録26
「種族:スキュラ」
主な属性・・・「属性:水」
主な勢力・・・「紺碧海の女王」

モンコレにおいて、皆勤賞に見せかけて、
実はAレギュでは「ユニット名:スキュラ」、「種族:モンスター」
皆勤賞じゃなかった・・・

特殊能力を多く所有しつつ、
「アイテム:X」&「スペル:X」も多く持つため、
特に「攻撃」に対する対抗能力に長けている。

最大の問題点は、奇数レベル帯種族であることが、
使用者が少ない最大の理由ではないだろうか。


レベル帯は
Aレギュ、3
Sレギュ、2or3or5
Gレギュ、3or5
ブシロード、2or3or5
    


次にモンコレが復活するならば・・・

やはり、「攻撃」に対する特殊能力を豊富に持った、
アイテム&スペルの奇数種族となるだろうと思われる。

やはり勢力としては、
「紺碧海の女王」だろうか。


モンコレにおけるすご〜〜〜く大雑把な歴史

Aレギュレーション時代・・・
前述の通り、種族としては存在しない。


Sレギュレーション時代・・・
ほとんどが「対抗:攻撃限定」の☑特殊能力を持つユニットとして登場し、
「スペル:」か「アイテム:■」を持つ。
一部は味方の攻撃力を上げることもできた。


Gレギュレーション時代・・・
Sレギュレーションからの再録組に加え、
「普通」タイミングの特殊能力等、特殊能力の幅が増えた。
利用者はどうだろう・・・ぼちぼち?


ブシロード時代・・・

ブロック供▲屮蹈奪困播仂譟
ブロック兇了の方が、人気はあった気がする。
ブロック困里魯▲ぅ謄爐使用できない分、戦いづらい。


なんでだろう、結構好きな種族なんだけど、あまり書いてない。

最後に・・・
「種族:スキュラ」の歴史の中で一番使えなかったのは、
勢力名にもなっている「紺碧海の女王」その人に違いないと考えるのは私だけ???

モンコレ回顧録25〜「種族:ジャイアント」〜

  • 2016.05.14 Saturday
  • 18:04
モンコレ回顧録25
「種族:ジャイアント
主な属性・・・全属性に分布

主な勢力・・・「太古の巨神」
       「ムスペルヘイム」
       「風神&雷神」
       「真珠竜の秘宝」

モンコレにおいて、皆勤賞の割には
ブロック靴泙如△い泙い楚裕いなかった種族
レベル帯に問題があるため、そもそも種族統一が組みづらいのも原因。

また、特殊能力をそれほど持たず、
「アイテム:X」&「スペル:X」で戦うタイプのため、
亜人型種族に混ぜても使えるが、シナジーを受けられず、
本陣が詰まりやすい為、その種族が増えた際に、
真っ先に外される運命が確定している。

モンコレ1から出現頻度がだが、
六門世界には巨人がポコポコいるのだろうか・・・

「属性:水」「属性:聖」はビジュアル担当。
「属性:火」「属性:土」は毛担当。


レベル帯は
Aレギュ、4〜7
Sレギュ、3〜7
Gレギュ、3〜8
ブシロード、2〜6、8
     


次にモンコレが復活するならば・・・

なんとかしてやりたい・・・
「種族:錬金生物」と同じ装備品装備出来てもいいじゃんか、
「タイプ:巨兵装備」なわけだし・・・

正直、「種族:ジャイアント」専用のスペルだと属性の問題もあり、
種族の強化にはつながりづらい。
勢力をいくつかに分け、属性を絞るのもありだが、
「消耗品」と「装備品」の専用を出しつつ、「地形」でカバーするのが、
手っ取り早い・・・が、勢力の問題が発生する。

ま・さ・かの「種族:ジャイアント」秘伝の「勢力:ALL」!?

勢力としては、
「属性:火」⇒⇒⇒「ムスペルヘイム」
「属性:水」⇒⇒⇒「真珠竜の秘宝」
「属性:土」⇒⇒⇒「太古の巨神」
「属性:風」⇒⇒⇒「風神&雷神」
「属性:魔」⇒⇒⇒「遺跡の守護者」

「属性:聖」に関しては、イメージ浮かばなかった・・・
というより、四属性に振り分けた方がよさそうだし、
「属性:魔」もいらんと言われる気がする・・・


モンコレにおけるすご〜〜〜く大雑把な歴史

Aレギュレーション時代・・・
即時召喚を認めない「コロッサス」
戦闘スペルを手札1枚で打ち消す「サイクロプス」
大型ユニットデックで「アトラス」が使われるほか、
水属性のバランスデックで「シー・ジャイアント」をよく見た。

Sレギュレーション時代・・・
継続して「シー・ジャイアント」を見たが、その採用率は明らかに低下。
「種族:ジャイアント」が最も冷遇された時代か?
末期には、存在する戦場の位置により「攻撃力/防御力」が変動する変わり種が登場。
そのうち一人は、「不滅なる聖騎士」で登場した、アフロマン。

Gレギュレーション時代・・・
「氷晶妃アンゴルボダ」がスペル枠が少しでも会うならどこにでも傭兵。
「属性:水」でアイテム&スペルが入るならとりあえず「海皇神ポセイドン」
と使いやすいのが2体登場したほか、
デックタイプを選ぶもののネタとして遊べるものが多く登場したこともあったが、
「種族:ジャイアント」デックとしては厳しいものがあった。


ブシロード時代・・・

ブロック機▲屮蹈奪兇砲眦仂譴靴燭、
ブロック靴モンコレの歴史において、
「種族:ジャイアント」が最も輝いた時期に違いない。
ブロックLEも悪くはないが、到底及ぶまい。

かといって、そのブロックで最も輝いたのが「種族:ジャイアント」なわけでもない。

まだまだ、「種族:ジャイアント」には可能性があるはず、
そう信じてる。

モンコレ回顧録24〜「種族:時間獣」〜

  • 2016.05.01 Sunday
  • 13:47
モンコレ回顧録24
「種族:時間獣
主な属性・・・「属性:/魔

主な勢力・・・
勢力名称なし

Sレギュレーションにのみ存在した、すっご〜く使いづらい種族


Aレギュ、登場せず
Sレギュ、2or4or6or8
Gレギュ、復活せず
ブシロード、復活せず
     


次にモンコレが復活するならば・・・

勢力:「時間獣の封印」

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・

いいや、そのまま封印されててくれ・・・

聖属性の「復活祭の〜〜」は「スペル:*」を2〜4枠、
魔属性の「千年王国の〜〜」は、アイテム1〜2枠と「スペル:*」を1〜2枠。
更に、特殊能力を持つものも多く、場に出てしまえば、優秀なユニットが揃っていた。 
そう、場に出せれば・・・


「復活祭の〜〜」は敵軍支配地形がn箇所でなければならず、
「千年王国の〜〜」は敵軍支配地形がn箇所以上でなければならない。

「種族:時間獣」単でデックを組んだ場合、
先手になると、ユニットを召喚できない。
後手になっても、敵軍支配地形が1つで召喚出来るユニットは、
全8種類中、1種のみ。
主力のユニットは敵軍支配地形が3つ(以上)から、
相手が歩行メインだと、本陣前を取られてからが本番となる。


モンコレにおけるすご〜〜〜く大雑把な歴史

Aレギュレーション時代・・・
登場せず

Sレギュレーション時代・・・
8種類

一部の召喚術師により、召喚条件を無視して召喚する方法が主流だった(と思う)。
むしろ、「セト」使わずに使うなら、傭兵程度。


Gレギュレーション時代・・・
復活せず


ブシロード時代・・・

復活せず


まぁ、あれだ・・・



お前等、復活すんな!(笑)

モンコレ回顧録23〜「種族:サボテンマン」〜

  • 2016.04.20 Wednesday
  • 12:31
モンコレ回顧録23
「種族:サボテンマン
主な属性・・・「属性:

主な勢力・・・
勢力名称なし

昔は、モンコレのある意味で顔ともいえるユニットカードの1体からのスタート


今回はユニット名に「サボテン」がつくユニットカードとして
レベル帯はレギュレーションにより異なり、
Aレギュ、3
Sレギュ、2〜3
Gレギュ、2or4
ブシロード、2

     


次にモンコレが復活するならば・・・

どうする???(ヲイ・・・

出来ればA〜Sレギュレーションのような手札&山札ぶっこわし系で希望。
勢力化することで、「コアトル」シリーズや「木霊」等の恩恵を受けられなくなるが、
1D+n、nは自軍パーティの「種族:サボテンマン」の数にすれば、
勢力で組みやすいし、振るダイス+1のカードと無理して組まなくてよくなる。

Gレギュレーションのように、
ある程度のスペル枠を持たせて、
ダメージ型の特殊能力も発生させるユニットがいてもいいかもしれない、
ブシロードのように、2種族表記を行えば間違いなく「種族:サボテンマン/プラント」となり、
「種族:サボテンマン」としての特殊能力を発生しつつ、
「花園の歌姫」等の「種族:プラント」に影響を与えるカードとのシナジーも考えられる為、
様々なバリエーションが期待できる。

しかしながら、両方持たせたら当然危険だし、


そもそも戦うことなら、

「サボテンマン」じゃなくても出来る

それとも、勢力「謎のサボテン城」とかにして「属性:土」の「タイプ:魔剣」デックにでもしますか?
刀持ってるし、羽織&袴でジャパニーズテイスト!
ホントに謎になるな・・・


モンコレにおけるすご〜〜〜く大雑把な歴史

Aレギュレーション時代・・・
2種類
死んだときに、敵軍プレイヤーの1D枚の手札を破棄させる「サボテンマン」と、
自爆で敵軍プレイヤーの手札を「7-1D」枚破棄させる「セニョリータ・サボテン」
「セニョリータ・サボテン」は、唯一ダイス目が低い方がいい結果が出る珍しいタイプ。
だけど、先攻は取らなきゃダメ。


Sレギュレーション時代・・・
5種類

「サボテンマン」が残留し、
プレイヤー1人の手札を補充させる唯一の「属性:聖」「ゴールデン・サボテンマン」が登場。
「サボテンマン」の文字列を含むユニットを捨て山から復活させる「サボテンマン・ロード」が、
雑誌の付録で登場した。

手札&山札破壊のみだけでなく、単純戦闘を目的とした、
「サボテンマン」の文字列を含むユニットを「攻撃力:+10/防御力:+10」させる「サボテン・ブラザー」
死んだときに自軍パーティすべてを「攻撃力:+1D/防御力:+1D」する「夕陽のサボテンマン」が登場した。


Gレギュレーション時代・・・
4種類
スペルユーザー3種。

お母ちゃんが「種族:魔法生物」の英雄の危機を救う!

分からない方は、知ってる人に聞いてください。
他は・・・
小型〜中型にはそこそこ戦えるが、
大型にはスペル頼りにならざるを得ない人々。


ブシロード時代・・・

ブロックLEで「サボテンマン」が初期イラストの別個体として登場。



「サボテンマン」は手札&山札破壊だろ!

モンコレ回顧録22〜「種族:ゴルゴン」〜

  • 2016.04.16 Saturday
  • 15:12
モンコレ回顧録22
「種族:ゴルゴン」
主な属性・・・「属性:/

主な勢力・・・
勢力名称なし

そもそも種族であることを忘れている人もいるんじゃなかろうか・・・


レベル帯は、
Aレギュ、3〜4
Sレギュ、3〜4
Gレギュ、3
ブシロード、登場せず

     

登場したのは、僅か3種
「メデューサ」
「カトブレパス」

「フライング・バッファロー」

石化で相手を殺す種族だが、
石化で相手を殺すユニットのほんの一部に過ぎず、
「メデューサ」に限って言えば、
3姉妹のお姉ちゃん達にも裏切られた・・・
カワイソス・・・


次にモンコレが復活するならば・・・

「種族:ゴルゴン」として出さずに、別の出し方でいいんじゃないかな・・・

勢力としては、「石と静寂の廃墟」とか・・・
すみません、勝手に勢力名作りました。
石化ダメージの嵐でしょうね〜
「バジリスク」「コカトリス」も引っ張ってきて・・・


モンコレにおけるすご〜〜〜く大雑把な歴史

Aレギュレーション時代・・・
「メデューサ」「カトブレパス」を使う人をたまに見かけた。
当時の「種族:ゴルゴン」は枠を持つものがいなかったので、
「封印の札」1枚持っていれば、基礎値割れしたユニット以外の何物でもなかった。

かろうじて、
「カトブレパス」「ローレライ」等のコンボはあったが、
そのコンボに合計レベル:7割いてるんだよね・・・
更に「ワイト」が入れば、対抗さえなければ、合計レベル:9だが、
「攻撃」では倒せないパーティが組める・・・はず

大事な事なので、もう一度、
「封印の札」1枚で瓦解します。


Sレギュレーション時代・・・
「ソウル・サッカー」が出たため、
「ローレライ」&「ワイト」とのコンボはそちらに奪われた。
(合計レベル:8だし・・・)


Gレギュレーション時代・・・
「メデューサ」がぽつーん・・・
お姉ちゃん達「種族:ラミア」・・・

これがSNEのやり方か・・・ヒドス
と当時感じたものです・・・


ブシロード時代・・・

登場せず・・・

モンコレも含め、電源・非電源かかわらず、
ファンタジー系のゲームやったことがある人で、知らない人はいないでしょうし、
「メデューサ」には是非頑張ってほしい。

ところで「フライング・バッファロー」って、どこの出典なんだろう・・・
フライング・バッファロー社ですかね???

モンコレ回顧録21〜「種族:コボルド」〜

  • 2016.04.06 Wednesday
  • 16:54
モンコレ回顧録21
「種族:ゴボルド
主な属性・・・「属性:

主な勢力・・・
勢力名称なし

レベル帯はレギュレーションにより異なり、
Aレギュ、1〜2
Sレギュ、2
Gレギュ、2
ブシロード、登場せず

     

ん〜
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
ついにブシロードで消えたかって思った・・・

スペル枠を持ったユニットがいた前歴はなく、
アイテム枠を持つ者の比率が高い種族。
「イニシアチブ:X」を持つ者がいないが、
先攻を取らないと辛い種族。



次にモンコレが復活するならば・・・

勢力としては・・・
「種族:ゴブリン」と組んだ、「タイプ:道」型
◆崋鐶押Д魯Ε鵐鼻廚鮖般鬚掘▲鼻璽團鵐阿鯑整佞箸垢襦屮織ぅ廖薬」型
かなぁ・・・


モンコレにおけるすご〜〜〜く大雑把な歴史

Aレギュレーション時代・・・
4種類
ユニットカードとしては唯一のサーチ能力を持つ、「コボルド宝石発掘団」
「コボルド発明王」は捨て山のアイテムカード回収。
「コボルド遺跡発掘団」は「ストーン・サークル」に移動しつつ、「代理地形」に変更する。
4種類いて、このかわった能力のオンパレード・・・


Sレギュレーション時代・・・
6種類
手札のユニットカードの、Lv/攻撃力/防御力を対象の自軍ユニットに上乗せする「コボルド死神博士」
2/4/4ではあるが、「タイプ:遺跡/道」以外の地形で「攻撃力:−3/防御力:−3」される「コボルド・フーリガン」
「タイプ:薬」しか使えないが、2レベルでアイテム枠を2つ持っていた「コボルド薬剤師」
「タイプ:薬」のカードをバルカンでダメージソースに出来る「コボルド・テロリスト」
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
Aレギュレーション時代に引き続き、かわった能力が多く、
デックを作るには、何よりもチャレンジ精神が必要だった。


Gレギュレーション時代・・・
1種類
なんで「コボルド・ライダーズ」出したかな・・・


ブシロード時代・・・
ついに絶滅・・・


元はといえばゴブリンのようないたずら妖精だったが、
近代の文学作品やRPGによって犬の獣人のような容姿として定着した。
坑道や地下に住み、坑夫を困らせるためにコボルドが魔法をかけた鉱石が、コバルトと呼ばれる。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

カウンター

ブログパーツUL5

Myオークション

マイ・オークションをごらんください

selected entries

categories

archives

recent comment

  • モンコレ回顧録35〜「種族:デーモン」〜
    YAPUL (11/29)
  • モンコレ回顧録35〜「種族:デーモン」〜
    Q (11/24)
  • モンコレ回顧録32〜「種族:ダイアソア」〜
    Q (09/15)
  • モンコレ回顧録27〜「種族:スコーピオン」〜
    YAPUL (07/13)
  • モンコレ回顧録27〜「種族:スコーピオン」〜
    Q (07/12)
  • アポカリプスの魔剣とPRパック8のVFを予想してみた
    YAPUL (04/30)
  • 英雄クエスト講座その一 「戦争モード」本拠地施設
    YAPUL (05/31)
  • 英雄クエスト講座その一 「戦争モード」本拠地施設
    Koumei (05/01)
  • ただいま〜
    せりあど (10/30)
  • ただいま〜
    はやかわ (10/30)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM